丁寧な仕事のおでんやさん。

なか川

Category : お酒, 食事 

時は1月20日、金曜日。20時。
場所は神田駅-秋葉原駅のちょうど中間のガード下。

 

おでん屋さん『なか川』にて打ち合わせを兼ねた新年会に。

 

20時にお店に到着して扉を開けるとすでに1階のカウンター席は満席。
お客さんの暖かい笑い声と熱気でメガネが曇る。
あら、雰囲気の良さそうなお店ですこと。

 

予約者であることを店主に告げると、旅館の和室のような
なんとも言えない落ち着きのある2階の個室へ。

 

今日は私たちの貸し切りらしい。
ふむ、いい感じでくつろげます。

 

1人3,500円のコース(食べ物のみ)で
さっそく前菜盛り?からスタート。
煮付けた魚卵(たらこかな?)やら干し柿、揚げごぼうなどが
少量ずつ、でも豊富にずらり。10種類くらいかしら。
どれもこれも旨い。

 

続いては刺身盛り合わせ。
これも、ただ切っただけではなく
締めてあったり漬けにしてあったりと
本当に丁寧。なかでもコハダが絶品でした。

 

いよいよメインのおでん。
1人1個ずつあるわけではなく
本当に色んな種類のおでんダネが。
おでんというと個人的にはタマゴが大好きなんですが
なか川のタマゴはとろ~り半熟!
おでんの汁と一緒に口に流し込むと、まぁ~美味しいこと。
※他にも名前は忘れましたが京都とかでよく食べられている芋やら
よもぎ麩やら盛り沢山。好きなおでんダネを追加もできるみたいです。

 

で、最後の〆に食べたのがコチラ。
かけめし。

 

この頃には既にそこそこ酔っぱらっていたので

コースに入っていたのか追加で頼んだのか不明ですが。
散々食べた飲んだ後にもお腹に優しくサラッと入っちゃいます。
これは毎日でも食べたくなる逸品でした。

 

次回は店主と会話しつつ
1階のカウンターでおでんつつきたいですな。

  • 01-26-2012
  • posted by admin
  • nakagawa
    かけめし